地酒を親しむ会宮城 > 金の井酒造

金の井酒造


 自然豊かな史跡とあやめの里一迫に大正4年に生まれた金の井 酒造は、五百石の小さな酒蔵ながら、こだわりの蔵として全国の左党の 羨望の的となっている酒蔵です。
酒造りに適した寒冷で澄んだ空気の自然環境と、小僧不動滝の清洌 友水、米どころ宮城の中でも最高と云われるおいしい米に恵まれ、米味 そのままに膨らみのある味と香りを求め、三浦専務と南部杜氏、蔵人の 絶妙なチームワークで最高の酒造りを目指し、地酒の頂点に立とうとして います。
一迫はかって金田村と呼ばれ、良い水と良い米に恵まれていたことから金の井と命名されました。